Blog:Neutron Star

tma1のブログ

インタークーラーTS for Xbox360

今日は室内31℃、Xbox360の「冷やすファン」を動作させたGPU側排気温度は40.4℃にもなりました。湿度が低いので人間の体感的には爽やかなんですが、そろそろ(部屋の)クーラーが必要か?とも思えます。先日も書いたように(http://d.hatena.ne.jp/tma1/20090512#p2)「インタークーラーTS for Xbox360」に興味はあるんですが、購入するふんぎりがつかないので妄想ばかりしています(^^;)

海外サイトのレビュー記事(http://www.futurelooks.com/nyko-intercooler-ts-for-the-xbox-360-reviewed/)の写真を見ると、ファンが2.5個。メインが2個、小さいのが1個と謎な構成です。ひょっとして背面端子に合わせて小型化してメインファンが小さくなってGPU側をカバーしきれなくなったから補助的に・・・という理由でなければいいのですが。

温度センサーは真ん中のメインファンにあるようです。これは位置的には本体のファンのCPU側とGPU側のど真ん中?本体の電源切った後1分程度でファンが止まってしまうというのは、このセンサーの位置のせいでしょうかねぇ。


それでも本体のファンが停まってから外部ファンが1分程度でも回ることには意義があるとは思います。ただ、外部ファン無しで底面温度を測ったとき、温度のピークは電源を切った5分後だったんで。

やっぱり「冷やすファン」の方が精神衛生上は良いかな?もちろん本体起動前に動かすことを忘れないこと・・・という前提条件はあります。忘れっぽい人は「インタークーラーTS for Xbox360」マジオススメ(笑)「冷やすファン」動かし忘れてゲームをしてしまったら本体が故障する確率が非常に高くなるでしょうから。