Blog:Neutron Star

tma1のブログ

「オイルランタン その2」

「CS オイルランタン<中>(ブロンズ)」

予備というか比較のために、キャプテン・スタッグの「CS オイルランタン〈中〉(ブロンズ)」買ってみました。

銅メッキに腐食処理してるのかな?先日の激安オイルランタンのブロンズ風塗装とは全然違って、美しい。まさにアンティーク調。

ブリキのランタンとして作りは全く変わらないんですけどね。オイルランタンとしての実用性は一緒。いまオイルをタンクに入れて芯に染み込ませているところです。漏れなければ、室内で使ってみます。除虫菊入りパラフィンオイルで、蚊取り線香代わりにw

ガラスのホヤが微妙に汚いかな。キャプテン・スタッグのロゴの周辺に接着剤か塗料か何か縦に汚れが何箇所かあります。

タンクにオイルを入れる際には、激安オイルランタンのミニロートを使ってますが、どれだけ入ったかどうやって見極めるんでしょうか?あらかじめ量を計っておくのが良さそうなので、計量カップパラフィンオイル専用に用意することにします。

付属品は一切無しで2200円でした。

実は、シェードも買いました。「キャプテン・スタッグ オイルランタン〈中〉(ブロンズ)用」です。

これ、激安オイルランタンに使えないかなと思ったんですけど穴の大きさが合わなくて・・・一番天辺に載せることはできるんですが、不安定なので、ちょっとラジオペンチで穴を拡げようと無茶をやってキズモノにしてしまいました(^^;)

キレイだったんで後悔してます。そのうち買い直すかもしれない。でも、ランタンシェードとして使うのに問題ないので・・・ちょっと躊躇ってますけどね。

昨夜は激安オイルランタンを2階に灯して4時間以上吊り下げて放置してましたけど、ちゃんとオイルが吸い上げられていれば芯は全然減りませんね。450cmの安い芯を4巻も買っちゃったけど使い切れそうにない(^^;)

「激安オイルランタン」 シルバー

先日の「ブロンズ」と同じ「TABIBITO」ブランド?の「シルバー」も買ってみました。販売者も同じなんだけど「ブロンズ」カラーとは微妙に違う。付属品はほぼ一緒でしたが、「SUNWAY」というロゴがガラスのホヤに付いてるし、タンクにも「SUNWAY 225」と打ち出し?で表記があります。芯を出すハンドルが「ブロンズ」は円板状のつまみでしたが、「シルバー」は針金を丸めただけ。天辺に「MADE IN CHINA」の打ち出し?表記があり、「SUNWAY」のタグもついてる。「SINCE 1966」とあります。何というか、こっちが輸出仕様という気がする。ガラスのホヤの形状も微妙に違う。

表面が「シルバー」というより亜鉛メッキそのもの。これは使うとすぐに表面が変化して良い味出しそう。