Blog:Neutron Star

tma1のブログ

西川秀和「アメリカ人の物語 ジェームズタウン創建記・青年将校 ジョージ・ワシントン:合本版1」

Kindle Unlimited版読んでます。最初は小説のような人物描写の叙述があって不安になったんですが、注釈含めると膨大な情報量で記述対象の当時の様子について色々と知ることが出来て高評価。


ちょっと驚いたのが、1749年モントリオールでのアライグマの毛皮の値段。オオヤマネコの毛皮が3800円相当、狼の毛皮6000円相当に対してアライグマの毛皮1万5000円相当。


極端な例を選んだし、当時の金銭的価値を現代の円に直すことの無理もありますが、オオヤマネコや狼に対する相対価値としては参考になると思います。


当時は北米やカナダでアライグマの方がオオヤマネコより希少だったんですね。これは天敵となるオオヤマネコや狼が人間や家畜にとっての害獣として当時から乱獲された結果、現在はアライグマも増え放題という意味もあるんでしょう。
追記)人間の居住域が広がって残飯漁りをするアライグマが繁殖しやすくなったということも。