Blog:Neutron Star

tma1のブログ

吉岡斉「新版 原子力の社会史」

新版 原子力の社会史 その日本的展開 (朝日選書)

新版 原子力の社会史 その日本的展開 (朝日選書)

読んでます。IAEAは当初は核兵器の査察などが目的ではなく、国際間の原子力の平和利用(とはいえ軍事利用と不可分)のための知識や技術、核燃料物質の共有と供与が目的だと知りました。


ところがアメリカお得意の二国間協議のせいで骨抜きになってしまったわけで、アメリカという国は当たり前のように理想(建前)と現実のダブルスタンダードを使い分けるので要注意。


図版が一切ないので読みにくいかなと思いましたが、ある程度の予備知識はあった方がいいかなレベルで、テキストのみの書籍にしては分かりやすいかな。でも用語解説や注釈がないので別途参考書が必要かも。


まだ読んでいる途中ですが、新版とは言え扱っているのは2011年福島原発事故までですので原発運転停止と廃炉が可能性として高いという見通しで前書きなどは終わっているんですが、まさか2017年になって多くの原発で再稼働が認められることになるとは・・・そして東芝原発事業由来の危機、次に改版があれば当然扱われるでしょうねぇ。北朝鮮危機も含めて正に「原子力の社会史」に収めるべき好材料が豊富な年になりそうです。