Blog:Neutron Star

tma1のブログ

コーヒーに憑かれた男たち

[rakuten:rakutenkobo-ebooks:11592342:detail]
読了しました。なかなか理解し難い世界でした(^^;)ブラックよりも甘いコーヒーが好きだし、何よりもコーヒーなんてものが人生の大半をかけるほどに旨いわけがないという・・・旨いコーヒーを知らないという無知ゆえなのでしょうけど無知は時に幸福なのではないかと。


自家焙煎は現在は手振りの「煎り上手」で若干量ずつ焙煎してますけど、それは自分で焙煎した方が比較的安価に焙煎したての新鮮なレギュラーコーヒーを飲めるからなので、決してこだわってるわけで話ですし。


焙煎の具合も浅かったり深かったり、お構いなしにそのまま使ってます。味音痴のつもりはないけどそもそも「グルメ」という趣味だかこだわり方はあまり好きじゃないです。


最近は焙煎済みのコーヒー豆の福袋セットも購入してます。2kgで3-4000円程度の安物ですけど、それで十分。抽出は昨年からフレンチプレスと簡易エスプレッソでやってます。それ以前はカリタの一穴式V60ドリッパーを何年か使ってました。


この書籍の影響もあって昨日サントスを焙煎して、焙煎したてを久しぶりにV60で抽出してみました。いつも焙煎したてで一杯入れてみてその後1-2日おいて使うようにしてますが、随分とエグみが強かったです。試しにフレンチプレスで入れてみたらかなりマシに。エグいくらいなら薄口の方が好み。フレンチプレスなら炒りたてでも飲めそうです。


V60を使い始めたのは一般の三穴式よりもエグみが少なかったからなんですけど、比較してみるとフレンチプレスの方がさらにマシなのか、たまたま抽出に失敗したのか・・・そういえばお湯の温度が高すぎたような気もしますが、その辺にあまりこだわりたくないので常に安定して一定の旨さを出せる方式が良いですね。エスプレッソマシンはどうなのかな?実はいわゆるエスプレッソはあまり好きじゃないんですけど。