Blog:Neutron Star

tma1のブログ

「歴史群像アーカイブ 湾岸戦争」

読了しました。準備に金と時間をかけただけあって多国籍軍側の圧勝でしたね。当時の報道番組ではバグダッド上空に向けての対空砲火の映像なんかが一番記憶に残ってます。他にはTVゲームのようだと言われたレーザー誘導弾による精密爆撃の映像とか。


戦争終結後の報道番組としては劣化ウラン弾についてのものとか後遺症に悩まされる兵士についてのものとか。また米軍の味方の誤射による犠牲とか。


読後さらに中東について興味が湧いてきました。とりあえず池上彰の「大衝突 終わらない巨大国家の対決」kobo版を読んでいます。「第4章 アメリカvsサウジアラビア」を読み終わったところです。