Blog:Neutron Star

tma1のブログ

KHC SIG SAUER P228 メンテ


今日はバレル・アセンブリーを分解して穴の開いたダイキャスト・パーツの補修をしました。


左側なので問題箇所が見えませんが、右から見ると溝付きの四角いパーツの溝の中真ん中に穴が開いています。



こんな感じに分解。Cリングは先の丸いミニラジオペンチで外しました。2本の先端をCリングの両端にあてがってグッと上から押さえます。



問題のパーツです。インナーバレルを通すと破孔が良く分かります。補修のために耐水ペーパーで磨いて塗装を落としました。


破孔のできた部分は元々薄過ぎることが分かりました。不具合パーツといえるかもしれません。パーティングラインもこの部分に横に走っているため穴が開き易いと思います。



インナーバレルを通したまま金属用パテを盛り付けてからインナーバレルを抜き、完全硬化後に金工ヤスリで削りました。溝に当たるパーツ側もヤスリと耐水ペーパーで磨いてあります。


ダイソーで買った金属用パテは硬化後硬いことは硬いんですが軽石のようにもろい感じも受けました。使用中にまた不具合が出ないかちょっと不安です。


ついでにFIREFLYのタイトバレルを購入したので、ノーマルのインナーバレルと交換することにしました。



並べてみると長さが違います。Cリングのはまる位置も微妙に違うし、ホップアップ調整ネジの当たる穴の位置と形状も違います。手前がノーマル。奥がFIREFLY製。


組み立て後、試射してみましたが・・・BB弾の初速がアップするというのは何となく感じられました。具体的な数値は分かりませんが。命中率のほうは・・・あまり向上したように感じません。ノーマルと較べて右にかなり逸れます。集弾性もあまりよくありません。ノーマルの方が良いくらいに感じます。うーん、何故でしょう。良く分かりません。ちなみにホップは全く効かせていません。


KHC SIG SAUER P228はタイトバレルの恩恵を受けられないのでしょうか。


実は9丁目としてマルゼンのWALTHER P99(固定スライドガス)を購入したんですが・・・これのトリガープルの軽いこと、命中率の良いこと、外見の仕上がりの良さに驚いています。詳しくはまた別の機会に譲りますが、KHC SIG SAUER P228と同じように狙った的(東京マルイのコッキングハンドガンに付いていた物を3mの距離で両手保持で射撃)では、一番中央の10点圏内に弾がまとまります。


KSC ベレッタ クーガーFもかなり良いのですがこれもトリガープルが軽いので集弾性の良くないエアガンではトリガーを引ききるときに手が若干ぶれてしまっているというのはありそうです。それにしてもマルゼン WALTHER P99 FIXEDは良く当たります。ちなみにホップはいじってません。購入時のデフォルトです。3m程度だったらホップは効かせないほうが良さそうですので。