Blog:Neutron Star

tma1のブログ

電子書籍

弐瓶勉「人形の国」(1)

霧亥とシボのコンビの再来のよう。「BLAME!」劇場版も楽しみ。きっと星白の採尿エピソードは作者も気に入っていたんでしょうねぇw人形の国(1) (シリウスコミックス)作者: 弐瓶勉出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/05/09メディア: Kindle版この商品を…

ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 上・下

かなり前に読了していましたが、あまり好きになれなかったので感想も書いてませんでした(^^;) ただ解説で著者のピーター・トライアスが往年のPCゲーム「Medal of Honor Pacific Assault」に関わっていたと紹介されていたのが良かったかな。本編中で主人公が…

ヴィンランド・サガ (19)

ヴィンランド・サガ(19) (アフタヌーンコミックス)作者: 幸村誠出版社/メーカー: 講談社発売日: 2017/04/21メディア: Kindle版この商品を含むブログ (7件) を見るAmazonのKindle版が540円の41% 225pt還元だったので購入しました。17、18巻も。

山崎雅弘「日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書) 」

読み始めました。森友学園の籠池夫妻と安倍総理夫妻の関係を知るには、やはり「日本会議」という政治団体について知らなければすっきりしないだろうと・・・日本会議 戦前回帰への情念 (集英社新書)作者: 山崎雅弘出版社/メーカー: 集英社発売日: 2016/07/15…

サイエンス・アイ 非日常の乗り物&宇宙 特選35冊半額フェア

Amazon Kindleでも半額&21%還元でしたし、中にはKindle Unlimitedの対象本もあったり、以前にhontoで半額で購入したものもあったので、それらを除外しつつ、結局クーポンやポイントサイト「ハピタス」の5.2%還元もあるので楽天koboで6冊ほどまとめ買いしま…

クロエの流儀

Kindle Unlimitedで読みました。まぁ漫画ならでは・・・で。「道士郎でござる」みたい(^^;)

アンゴルモア 元寇合戦記(1)

koboで期間限定無料配信だったので読んでますが・・・テーマは良いしすごく気に入ったんだけど・・・アクション作画、流れが分かりにくい(^^;) それと、馬の足が長すぎかな。絵的にサラブレッド程ではないけど、もっと当時の馬の足は短かく体高は低かったは…

Amazon Kindle Unlimited

今のところ、私が読むような物は削除対象になっていませんが・・・もしも削除対象が増えれば・・・そりゃ利用をやめますわな。 「STRIKE AND TACTICALマガジン」とかwStrike And Tactical (ストライクアンドタクティカルマガジン) 2016年 11月号 [雑誌]作者…

歴史群像 2016年10月号

歴史群像 2016年 10 月号 [雑誌]出版社/メーカー: 学研プラス発売日: 2016/09/06メディア: 雑誌この商品を含むブログ (1件) を見る「歴史群像」は定期購読していて紙書籍版は手元にありましたが、電子書籍版ではどうなっているのか興味があって購入しました…

月刊ムー 2016年9月号

Kindle Unlimited、主に雑誌を見ていますが今月は料金を払っての利用2ヶ月目になります。 「月刊ムー 2016年9月号」wまぁ、たわ言ばかりですが、個人的には「ディアトロフ事件」「オリンピック黒歴史」「神国日本の歴史群像 海軍大佐 矢野祐太郎(前篇)」…

Kindle Unlimited

既に色々読んでますが、コミックでは高橋葉介の「もののけ草紙」他、無料で読めるものは全部読みました。で、「手の目」の過去を知りたくて「夢幻紳士 逢魔篇」をkoboで購入。もののけ草紙 (壱) (ぶんか社コミックス)作者: 高橋葉介出版社/メーカー: ぶんか…

Amazon Kindle Unlimited

あまり期待していなかったけどラインナップにこれまでkindleオーナーライブラリで毎月1点ずつ読んでいた山崎雅弘のヒストリカルノートがほぼすべて?63点あったので利用を決めました。 これまでオーナーライブラリで無料で読めたものは全部含まれると考えて…

月刊アフタヌーン2016年8月号

「げんしけん」斑目ハーレムがやっと壊れたと思ったら、スーとくっつける可能性が・・・ そーだよ、何でスーじゃないんだよ、そもそも。こっちはスーと斑目がどうなるか気になって続けて購読し始めたんだからw

ガールズ&パンツァー

ガールズ&パンツァー 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)作者: 才谷屋龍一出版社/メーカー: KADOKAWA / メディアファクトリー発売日: 2013/09/30メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るKADOKWAフラッパーコミックス版1〜4、うっかり買っちゃいま…

無料コミック色々

hontoやkindleなどで最近読んだ無料コミックは松浦だるま「累」(1)、八木教広「CRAYMORE」(1)-(5)、皆川亮二「PEACE MAKER」(1)-(3)、花沢健吾「アイアムアヒーロー」(1)-(3)、「彼岸島 最後の47日間」(1) どれも有料で先を読みたいと思ったものはないけど、…

コミック色々

東京喰種トーキョーグール:re 一巻目無料だったので読んだら先が楽しみになって最新刊6巻まで購入。 原作コミック読んだのは初めてで、エンディングのイラスト等からあまり馴染めそうにない絵柄だと思っていたけど、意外とすぐに慣れました。 しかし、手書き…

松本大洋 期間限定1巻無料

hontoで「ZERO」「吾 ナンバーファイブ」「SUNNY」「鉄コン筋クリート」「ピンポン」「花男」の1巻だけ読みました。 「ZERO」は先が気になりますが、気に入ったのは「SUNNY」「ピンポン」。やっぱり「ピンポン」いいですねぇ。それにアニメ版の出来の良さが…

余白

最近は自炊よりもストアで購入して読む割合が増えましたが、例えば最近の山崎雅弘「完全分析 独ソ戦史」、図版類はほとんど戦況図のみであとがきにジューコフのサインを比較する写真があるのみだったので気になって紙書籍版も古書で購入してみました。 比べ…

honto 50%offクーポン

来てたのでまとめ買い。奥浩哉「いぬやしき 5巻」、山崎雅弘「ポーランド電撃戦」&「西部戦線全史」、河出書房新社「世界の歴史」(18)、(19)、(24)

河原一久 「スター・ウォーズ論」

読了。アニメの「クローン・ウォーズ」って打ち切りだったのか・・・。 現在日本でも放映中の「反乱者たち」10話辺り?から録画だけしてあってまだ見てないんですが、ダース・ベイダーとアソーカ・タノがちょっとだけ出るらしい。切らなくて良かった(^^;) 「…

山崎雅弘 「第一次世界大戦への道」

第一次世界大戦への道作者: 山崎雅弘出版社/メーカー: 六角堂出版発売日: 2015/05/04メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る通常スルーされがちなバルカン紛争と関連国の関係(ほぼそれのみ)の記述です。セルビア、モンテネグロ、ブルガリア、オース…

河原一久 「スター・ウォーズ論」

スター・ウォーズ論 (NHK出版新書)作者: 河原一久出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2015/11/24メディア: Kindle版この商品を含むブログ (2件) を見るAmazon Kindleの日替わりセールで299円の時に買いました。RD-KTとか初めて知りました。 当時の複数の大…

山崎雅弘 「ロンメル戦記」

一応読み終わりました。生い立ちなどは飛ばしてヒトラーと出会った頃からですが。戦況図などは十分な数が載っていますが写真が一切なかったので「ロンメルとアフリカ軍団戦場写真集」「ドイツ戦車 戦場写真集―ビジュアル版 装甲師団の全貌」を買いました。ロ…

機動戦士ガンダム サンダーボルト 4-7巻

まとめ買い。話は地球に降りてからの方が面白いと個人的には思います。 MSやメカのデザインは良かったり悪かったり。マッチョなアッガイや腰がゴテゴテしたズゴックはいただけませんでした。 両軍のスノーボードやらフロート付きの脚部の設定はいいかも。 ジ…

河出書房新社 世界の歴史(23)第二次世界大戦

世界の歴史〈23〉第二次世界大戦 (河出文庫)作者: 上山春平,三宅正樹出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 1990/05/01メディア: 文庫この商品を含むブログを見る「22 ロシアの革命」もちょっと普通じゃなかったけど「23 第二次世界大戦」も個人(二人だけど…

完全分析 独ソ戦史

[rakuten:rakutenkobo-ebooks:11694273:detail] 読了。続いてやはり山崎雅弘「ロンメル戦記」も購入しました。ロンメル戦記【電子書籍】[ 山崎雅弘 ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > 小説・エッセイ > その他ショップ: 楽天Kobo電子書籍ストア価格: 823円「…

月刊アフタヌーン 2016年01月号

「マイボーイ」が次回で終わるだと?なんで?

火星の人

読了しました。面白かった。人物描写が淡白だったけど。特に主人公が。「宇宙兄弟」だったら、子供の頃の思い出とか回想シーンをてんこ盛りにするところ(^^;)その分テンポは良かったかな。ヨハンセンのモデルはビジュアル的にはやはりスカーレット・ヨハンソ…

アンディ・ウィアー「火星の人」

「スター・トレック」より「スター・ウォーズ」のサイン入りメモラビリアが良い。しかも「最初の三部作だけ」wwwですよね〜。ここでもトレッキー、もといトレッカーとの戦いが(^^;) ドイツ訛りの悪の化(科)学者w火星絡みなら・・・マックス・フォン・…

アンディ・ウィアー「火星の人」

火星の人作者: アンディウィアー出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2014/09/30メディア: Kindle版この商品を含むブログ (21件) を見るついに購入しました。確かに面白い! 最初、年齢不詳の語調や「瀉血」「植物の成長に必要な基本的建築ブロック」ってなん…